実はしみやシワなどを予防するサプリメントではなくて薬もあるんですよ。

飲む日焼け止めというのはサプリメントですので、ヘリオケア的な効果効能が謳えないのですが、このようなシミに効くヘリオケアというのはヘリオケアですので、効果が発揮されます。

本当に効果があるものです。

その中で有名なのがキミエホワイトというサプリメント
キミエホワイトはシミやそばかすに飲んで聞くための薬です。

さらに色素沈着やニキビは全体の黒ずみにも良いとかそんな話もあります。

薬品のほうが効果が期待できます。

しかしヘリオケアだからそれだけで併用してはいけないというわけではなく飲む日焼け止めと併用する方が効果的です。

飲む日焼け止めというのは予防の効果しかないのですが、薬だったら出来てしまったシミも解消できるんです。

そうするとやっぱりヘリオケアとサプリメント併用するのが一番いいのではないでしょうか。

価格は1回目は1900円で2回目からは4200円なってしまいます。

1日3回服用し31日分が入っています。

キミエホワイトはサプリメントの代わりになるのかキミエホワイトは飲むサプリの代わりになるのでしょうか。

入っている成分を見てみましょう。

まずアスコルビン酸500mgそしてカルシウムやシステインが入っています。

色素沈着に効果があるとして唄われています。

ですので、日焼け止めサプリを飲むと代わりとしても使えると思います。

出来てしまったシミにも効果がありますね。

しかし紫外線と冬の花の名所直接にケアするならサプリメントの方が良いのではないでしょうか。

このサプリメント

日焼け止めサプリが買える場所
飲む日焼け止めという言葉が世の中に出てきたのは4年前くらいでしょうか。

一番最初は海外で使われているヘリオケアという飲むサプリメントが出てきたのです。

これらはまだ日本実は上陸していなくて個人輸入やりよう皮膚科などを通して購入していたことが多かったのではないでしょうか。

入っている成分はフェルンブロックという成分でシダ科の植物が入っています。

最近ではamazonや楽天などで購入できることはもちろん専用の公式ページなども増えてきて段々と誰でも手軽に国産のサプリが取れるようになっています。

美容皮膚科に行かれる方はなかなか少ないと思います。

最近では通販で購入できるになってきたのでかなり便利になってきました。

なぜ飲む日焼け止めは効果があるのか

クリームタイプで行くに塗る日焼け止めは効果があるということを皆さんがよく知っていると思います。

というのはSPFのような紫外線bを吸収してくれるものやPAと呼ばれる紫外線をカットしてくれるという効果の大きさが数値で表されているからです。

だから強いものが欲しい時は数値が高いものを買えばいいし敏感で肌荒れしやすい時は数値が低いものを買えばいいという風に調べ方も簡単だと思います。

それでは飲む日焼け止めはどうやって効果を取得したらいいのでしょうか。

そもそも飲む日焼け止めと塗る日焼け止めというのか仕組みが違います。

細かいことは商品と商品によって違うのですが、大まかにいってしまえばこんな事になります。

紫外線を浴びると活性酸素が生まれます。

活性酸素は肌にダメージを及ぼします。

そのダメージというのはシミやシワなどが生まれることさらにはたるみなどの引き起こすもとにもなります。

そのような活性酸素をブロックしている効果があってそれで日焼け止めの効果が現れるつまり飲むサプリメントというのは日焼けをした後の肌のダメージを解消してくれるという効果が期待できるということですね。

飲む日焼け止めの副作用
飲む日焼け止めといってやはり気になるのは効果がわかったところで副作用や危険性がないのかというところでしょう。

まず基本的なポイントとして飲む日焼け止めはサプリメントです。

サプリメントは食品に含まれます。

ですので、ヘリオケアのようなデメリットはないといえます。
しかしだからといって誰にも副作用が出ないというわけではありません。