冷や奴は豆腐を120グラム使ってたっぷりのタンパク質を取れるようにします。

一食あたり大体27グラムから30グラムのタンパク質を取ることができて
3食食べることでタンパク質が90グラム摂取できるようになっています。

それ以外にタンパク質が多い料理としては
マグロと大根の煮付けやポテトサラダ鶏肉の照り焼き舌平目のムニエルといった料理が挙げられます。

鶏肉の照り焼き鶏に
行こう75g使えますが、まぐろや大根などと合わせることで90グラムのタンパク質を取ることができます。

急性腎不全の食事療法の方法

急性腎不全の食事療法の基本急性腎不全は簡単に言ってしまうと濾過機能が急速に失われておしっこがでなくなり、タンパク質をろ過することができなくなります。

ホームに急性期と回復期に分けられますが、急性期の場合は塩分とタンパク質の厳しい制限が必要になります。

タンパク質はほとんどとってはいけません。

塩分もゼロにします。

カロリーは30から35キロカロリー体重あたり取ることはできます。

水分も厳しく制限されていて400ミリ以下しか飲んではいけません。

回復期になると話は別になります。

回復期になるとおしっこの量がだんだんと出るようになってきてタンパク質の糖化もだんだんとできるようになっていきます。

そうすると塩分や3泊室などとっていく必要があります。

食品を選ぶ上での注意点急性腎不全の時はやはり治療用の特殊食品を使うことが必須になってきます。

というのはどんなに頑張っても塩分がなくてタンパク質が少ない食事というの普通の食材から取り入れることは難しいからです。

ですので、腎機能食品交換表を参照し5番と6番の食品に含まれているもので特殊食品となっているものを取り寄せで日々の食事に取り入れます。

甘ったるいものは美味しいと思われがちですが、毎日食べるとすぐに飽きてしまうものです。

ですので、天海の少ないカロリーが取れる粉飴といったものやでんぷん製品などを取ることで苦痛なくカロリーを摂取していく必要があります。

また油っこいものも脂っこくてギトギトしていると食べれなくなるので油状に固めてある石などを使って油っけが少ない感じで食べる必要があります。

それ以外に寒い時期でなければ生クリームを使ったアイスクリームシャーベットなどを食べることで美味しく油を取ることができるようになります。

即席味噌汁の味比べ

急性期というのは塩分も少ないので食欲がどんどん落ちてしまいます。

ですので、流動食のような形をしたものの方が食べやすいことが一般的です。

正しい水分を摂り過ぎないように注意しましょう。

調理をする上でのポイント

増量するオイルのポイントには治療用特殊食品をうまく活用していくということがあります。

うまく活用しないとせっかく特殊食品などに美味しく食べることができません。

粉飴汁のは砂糖を使って作る料理にはすべて入れることができます。

たくさん使いすぎると美味しくなくなるので注意が必要です。

カロライナーというのは砂糖と一緒に食べる事で美味しく食べられるものです。

寒天で固めたりすると美味しく食べられます。

ゼラチンではあまり固まらないです。

マクトンオイル
マクトンオイル揚げ物をした時にカリッとした色がつかないのであまりフライものには向いていないのですが、炒め物に入れると美味しいです。

マクトンパウダーというものもあります。

マクトンパウダーはマクトンオイルを改良したもので水に溶けて油っぽくない料理でも油を取ることができるようになっています。

そしてマクトンゼリーという食べ物もあります。

それは一個が25グラムなのに100キロカロリーとることができるものでジャムはマーマレードとしてパンに塗るなどして食べることができます。

和食系ではでんぷん餅という食材もあります。

でんぷん餅はボイルをすることで柔らかくなるもので歯ごたえが出てきて美味しくなります。

最後にでんぷん麺を上げたいと思います。

でんぷん麺はでんぷんで出来ている麺類のことでつけ麺などにするとまあまあ美味しく食べられます。

量的にもほとんど抵抗なく食べることができます。

くずきりのように甘く砂糖をつけて食べても美味しいですし、さらに上げることで脂分をたくさん取ることができるようになります。