魚や肉を食べる時はカロリーに注意する魚や肉は同じたんぱく質の量でも
脂質の量が全く異なっていてカロリーが開いてしまいます。

ですので、同じ単位だからといってどれを選んでもいいかというわけではなく塩分の量や脂質の量なども考慮して食品を選んでいく必要があります。

豆類を積極的に食べる植物性のタンパク質もやはり取ることが必要です。

それ以外にタンパク質を全く含まない5番目と6番目の表に乗っているものもたくさん食べましょう。

例えば春雨でんぷん9月そして里親油などかなりのカロリーを取ることができるのでたんぱく質が含まれていなくても積極的にとるべきでしょう。

全然たんぱく質が含まれていないのでネフローゼの形でも

調理をする時の注意点

調理をする時の注意点はズバリ塩分を気にするという事です。

塩分を摂りすぎるとどうしてもむくみが出てきてしまいます。

ですので、計量カップをきちんと使ってきちんと塩分を測ってオーバーしないようにすることが必要です。

そして新鮮な素材を使うと塩分が少なくて済みます。

ボスなどを使うと少ない塩分で味がつきやすくなります。

レモン汁やリンゴ酸などを使いたいですね。

油を取る油をとると黒が出るので塩分が少なくても薄味でもおいしく食べられます。
だしやスープを使うというものも一般的な方法です。

濃いめのだしがついていると案外塩分が少なくても美味しいものです。

ただし醤油と砂糖は控えめにしましょう。

ネフローゼ症候群の献立の例

ここからはネフローゼ症候群の形のタンパク食の今日の量紹介します。

まずカロリーは1800キロカロリーから2100キロカロリーが目安です。

タンパクは普通の人よりやや多めの72gから90gが良いです。

そして塩分は控えめに5gから8gです。

塩分制限と水分制限があります。

カリウムの制限はありません。

ご飯やさんは普通のものを食べます。

果物には気を嫌バナナなどを使います。

妹ではじゃがいもなどを使います。

野菜では大根やたけのこ玉ねぎやニンジンなどを広く様々な素材を使うことができます。

タンパク質は多めに取らないといけないので豚肉や鶏肉まぐろや牛乳といった良質のたんぱくを多く含む食品を使うようにします。

味付けには里親マーマレードそして塩分が少ないマヨネーズマーガリンなどを使います。

おやつも積極的に食べておまんじゅうなどを食べるとカロリーが取れます。

ネフローゼのたんぱく質が多い食事の作り方

ハムエッグハムエッグはハムと卵をフライパンで焼いたものでこしょうや塩で味をつけます。
かじわ油で揚げておいてしゃっくり口で髪切れる柔らかさにします。
味は小アジを使ってそのまま骨が食べられるようにします。

ホタテと野菜の含め煮は帆立屋かぼちゃなどを使って作るものです。
帆立貝は缶詰になっているものを使っても良いです。
最後は冷奴です。

参考サイト
低糖質麺はこちら
低糖質麺.com
低糖質麺Yahooはこちら