脳卒中の種類はこのようにいくつかありますが、30%が脳出血10%がくも膜下出血そして60%が脳梗塞だといわれています。

昔より脳梗塞の割合が増えています。

そして量が逆転しています。

なぜこういうことが起こっているかというと高齢者を中心に糖尿病や高血圧動脈硬化など生活習慣病が蔓延しているからです。

太っている人や心臓弁膜症などがある方は特に注意が必要です。

そして脳卒中を起こしやすい引き金というものもあります。

例えばお風呂に入った時に良いとショックを起こしてしまう寒いトイレでズボンを下ろすたくさんお酒を飲んで冷たい外気に触れる時トイレでいきむ時などに起こりがちです。

便秘がこのような脳血管系の病気を引き起こすこともありますので、、便秘だからといって侮ることはできません。

脳血管障害の前兆症状

脳梗塞は突然起こる病気といわれていますが、事前に前兆現象が出ていることもあります。

その一部を紹介するとめまいや立ちくらみ頭痛や足などのしびれなど一般的に見透かされやすい症状が脳卒中の症状かもしれません。

特に高齢者の場合は日常的に物忘れがひどくなったりしていると認知症と間違われて脳卒中に気づかないことがあります。

脳卒中は予防が大切脳卒中は起こった彼らの多くの人に障害が残ってしまいますですので、障害起こらないためには予防が必要です。

まず予防には脳卒中の原因となる高血圧や動脈硬化高脂血症や糖尿病などを改善することが必要です。

そして適切な食生活を心がけることも必要です。

脳卒中を予防するための食べ物脳卒中は生活習慣病と密接に関係があることから食生活を正すことである程度は予防することができます。

まず糖尿病などを予防するために食生活を食事指導をちゃんと守るようにします。

タンパク質やビタミンが少なくなったり脂肪を取り続けたりすると血管の状態自体も悪くなり脳出血が起こりやすくなります。

動脈の健康状態良くするにはビタミンcが効果的です。

ビタミンcはじゃがいもや果物野菜などに含まれていて食事に取り込んだ方が良いです。

そして大豆に含まれているフラボノイドはビタミンcの働きを良くすることから合わせて取ると良いといわれています。

そして決しての予防する作用がある玉ねぎなどの硫化アリルを食べることで血栓の予防につながります。
血液をサラサラにするといわれている食べ物に納豆があります。

納豆にはナットウキナーゼというものが含まれていてナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれます。

そして魚の油は良いといわれていますが、dhaipaなどは不飽和脂肪酸といわれていて青魚に多く含まれています。

この成分が血管をサラサラにしてくれるので効果が高いです。

そして便秘の予防も必要です。

便秘をするといきむ時に血圧が高くなりますので、脳卒中を起こしやすくなるからです。

塩分を控えた食生活

脳卒中の危険な食べ物としては塩分の多い食べ物です。

塩分の多い食べ物は血圧を上げます。

血圧を上げると動脈硬化が進み脳出血が起こりやすくなります。

なるべく1日あたりの量10g以下にする必要があります。

参考リンク:おかず宅配はこちら